Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/goodwork7/favorite-record.net/public_html/wp-content/plugins/bravo-neo/bravo-neo.php(12) : eval()'d code on line 647

宅配便の値上げが相次いでいますね。
宅配業者は、アマゾンの当日無料配送が痛手になっていると一時期、話題になっていました。
大量の荷物をありえないほど処理しないといけないので、
慢性的な人員不足になりますし、従業員も疲労困憊。

ブラック企業に就職したい人なんていません。

そんなわけで企業側も対策を打ち、クロネコヤマトでおなじみの
ヤマト運輸は2017年10月に料金改定を行いました。

飛脚宅配便の佐川急便は11月に改定してヤマト運輸を追随します。
さらに、ゆうぱっくでの日本郵便は2018年3月に値上げを行う予定です。

値上げは仕方ないでしょう。
当日配送をいつもして欲しいわけではありませんし。

で、気になったのが、ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便のどこが一番お得なのか?
宅配便の比較はポイントを押さえるようにして、損をしたくありません。

東京~大阪間の宅配便料金の比較

60サイズ

(1)ゆうパック:840円(30kg迄) から 950円(25kg迄)
(2)宅急便:907円(2kg迄) から 1015円(2kg迄)
(3)飛脚宅配便:864円据え置き(2kg迄)

料金は飛脚宅配便ですが、重量を加味するとゆうパックが優勢か?

80サイズ

(1)ゆうパック:1070円(30kg迄) から 1180円(25kg迄)
(2)宅急便:1080円(5kg迄) から 1231円(5kg迄)
(3)飛脚宅配便:1134円据え置き(5kg迄)

料金は飛脚宅配便ですが、重量を加味するとゆうパックが優勢か?

100サイズ

(1)ゆうパック:1280円(30kg迄) から 1410円(25kg迄)
(2)宅急便:1296円(10kg迄) から 1469円(10kg迄)
(3)飛脚宅配便:1404円(10kg迄) から 1469円(10kg迄)

120サイズ

(1)ゆうパック:1500円(30kg迄) から 1660円(25kg迄)
(2)宅急便:1512円(15kg迄) から 1685円(15kg迄)
(3)飛脚宅配便:1674円(20kg迄) から 1922円(20kg迄)

140サイズ

(1)ゆうパック:1720円(30kg迄) から 1910円(25kg迄)
(2)宅急便:1728円(15kg迄) から 1922円(20kg迄)
(3)飛脚宅配便:1674円(20kg迄) から 1922円(20kg迄)

160サイズ

(1)ゆうパック:1930円(30kg迄) から 2120円(25kg迄)
(2)宅急便:1944円(25kg迄) から 2138円(25kg迄)
(3)飛脚宅配便:1944円(30kg迄) から 2138円(30kg迄)

170サイズ

(1)ゆうパック:2250円(30kg迄) から 2480円(25kg迄)
(2)宅急便:2712円据え置き(30kg迄)
(3)飛脚宅配便:2484円(50kg迄) から 3078円(50kg迄)・・・飛脚ラージサイズ宅配便

まとめ

ざっとまとめてみると下記のような傾向になります。
ゆうパックは、料金設定が全体的に割安。どのサイズでも25kg以内というのはメリット。
・宅配便は、割引制度を有効に活用することポイント。
・飛脚宅配便は、小さいサイズであれば最安値です。

今後、距離や配達エリアが見直されることによって、値上げ幅は変わるかもしれません。
けれども今の状況ではゆうパックが全体的にお得感がありますね。

宅配業者のメリット

ゆうぱっく

1.発送
・持込割引:コンビニ、郵便局への持込割引は、「120円引き」
・同一宛割引:同一宛先への発送(1年以内)は、「60円引き」
・WEB決済:WEBで決済して持ち込みは、「180円引き」
2.受け取り
受け取りを自宅以外に選択するとポイント獲得ができきます(Ponta、WAON、dポイント等)
・郵便局:60ポイント(最初から指定)、10ポイント(再配達で指定)
・コンビニ:5ポイント(最初から指定)
・受取ロッカー(はこぽす):5ポイント(最初から指定)、1ポイント(再配達で指定)

ゆうぱっくと提携しているローソンは、電子マネーとクレジットカードでの支払いができます。
そして、ポイントも付きます。
クオカードも使用可能。
ただし、Ponta、dポイントのポイントは付与されません。

クレジットカードは持っておいた方がお得ですね。
私は楽天カードをメインカードにしています。
100円で1ポイントが魅力。

他のカードは1000円単位じゃないとポイントがつかないカードがありますし。

宅急便

発送
・持込割引:直営店とコンビニへの持込割引は、「100円引き」
・デジタル割:自宅のパソコンや直営店の端末で送り状作成の場合は「50円引き」
・直営店持込割(クロネコメンバーズ限定):上記の割引プラスさらに50円引き
受け取り
直営店を宛先に指定し、受け取りを行えば安くなります
・宅急便センター受取サービス:54円引き

飛脚宅配便

発送
・持込割引:「100円引き」

総括

宅配便の比較をしてみました。
小さいサイズでお得なのは佐川急便ですが、全体的に、ゆうパックの方がメリットがありそうです。
ゆうパックは、インターネット上で決済(WEB決済)してのち、コンビニや郵便局に持ち込めばさらに180円お得になります。

佐川急便はちょっと悲しい。というのは直営店が少ないですからね。

賢く活用するには、コンビニを使い倒しましょう!
特にゆうパックを取り扱っているローソンは、クオカード、クレジットカード、電子マネーを利用することができます。
ポイントカードでのポイントは付きませんがそれでもお得。

セブンイレブンでしたら、クレジットカードや電子マネーが使えます。

ファミリーマートはクオカードはOK。しかし、電子マネーはダメです。
クレジットカードは限定的で「ファミマTカード」だけというちょっと残念な状況です。

比較することによって、頭の中がスッキリです。

あと、クレジットカードの便利さも改めて感じました。

楽天ウェブサービスセンター